ログイン 新規登録
会員登録 | ログイン | 買い物かご | ポイント | サポートセンター
     
CoQ10  
還元型CoQ10  
 
 
     
 
 
     
      0120-757-682  
 
 
    メールはこちら
 
 
2017年 9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
 
 

コエンザイムQ10欠乏にならないために

健康維持美容のために、様々なアンチエイジングサプリ抗酸化サプリを試してみたけれど、効果が得られなかったという方は多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめしたいのが「コエンザイムQ10」です。
通常は体内で生成されるのですが、加齢やストレス、食生活などの影響で減少してしまいます。

コエンザイムQ10が減少すると体に様々な影響をもたらします。

コエンザイムQ10の不足がもたらす影響

□ 臓器の働きが低下する

コエンザイムQ10は、生命活動を支えている大切な物質の一つです。
不足するとミトコンドリアが働かず、細胞内のエネルギー生成が行われません。エネルギーが不足すると、脳・心臓・肝臓・すい臓などの様々な臓器の機能低下にも繋がります。 体内各器官でのコエンザイムQ10の減少

とくに、休むことなく常に活動している心臓には、多くのコエンザイムQ10が存在しているので、息切れや激しい動悸などが現れる可能性があります。また、体は心と密接に関わり合っているため、臓器の元気がなくなるだけでなく、酸化ストレスにより疾病を招く恐れもあります。

□ 老化が進む

老化現象を引き起こす要因の一つに、活性化酸素の増加によって起こる体の「錆び」があります。カットしたリンゴが空気に触れると赤錆色に変色するように、人間の体も同様な現象が起こってしまうのです。 錆びを防ぐには抗酸化力が必要!

コエンザイムQ10はビタミンと協力することで、活性酸素の増加を防いでくれる重要な成分です。そのため、不足してしまうと老けた印象を与えるシミ・シワ・たるみなどが目立ってきてしまいます。

健康・美容のために安心・安全の成分を摂ろう

コエンザイムQ10の不足を防ぐためには、毎日意識的に摂取する必要があるのですから、体内に入る成分ですので安全性が気になる方は多いと思います。

昔は医薬品として用いられていた背景もあり、「副作用があるのではないか」と思われがちですが、全くその心配はありません。元々体内で生成されている成分で、食物からも摂取できるので、非常に高い安全性を誇っています。

原料メーカーの株式会社カネカでは、健康的な日本人がコエンザイムQ10を4週間摂取しても、最大摂取量の300mgまでは重い副作用は見られなかったというデータも存在します。

当社で販売しているコエンザイムQ10のサプリメントには、カネカの主原料以外にも安全性が確認された成分のみを使用しておりますので、ご安心ください。

ぜひ、健康維持のために当社のコエンザイムキューテンをお役立てください。


 

Copyright © キューテン All Rights Reserved.     0120-757-682
商号名 : 株式会社キューテン   代表 : 宇都宮 徹
個人情報保護ポリシー 個人情報担当者 : 宇都宮徹  特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 町田市